様々なことに利用することができるiTunesカードでは、電子書籍を購入することも可能となっています。

iTunesカードで電子書籍を買うメリット

iTunesカードで電子書籍を買うメリットとしては、常に割安で購入できることが挙げられます。

2割から3割引きで電子書籍を購入できる

お店によっても割安のレベルは大きく異なるのですが、2割から3割、お店によってはもっと高い割引き率であることもあります。つまり割引価格で電子書籍が購できそれだけでも大きなメリットとなります。
購入時は、AppleIDを使い支払いを行うことになりますが、これをクレジットカードではなくiTunesカードで支払うだけで、かなりお得になるでしょう。様々な電子書籍販売店の中でも、iTunesカードが使えるiBookではタイトル数は他のオンライン書店とそう変わることはありません。つまりほかのオンライン書店を利用するよりもメリットがあると言えます。

ポイント付与が無い分もともと安く買える

ただ、たしかにiBook以外のオンライン書店を利用した場合にも、ポイントアップなどのサービスを受けることはできますが、もらったポイントはそのお店でしか使えないのが実情です。
これに対しiTunesカードを利用して、iBookの支払いを行った場合には、最初から値引き販売がなされているのと同じなので、かなり有利なことがわかるでしょう。

 

iTunesカードで電子書籍を購入することはかなり割安なことがわかるので、お得度はかなり拡大するといえます。近年ではオンライン書店でも競争の激化の影響によって、ポイントの割り増しがかなり多くなっているものですが、やはり最初から支払い額が少ない方がお得感が違います。またiTunesカードはiBookだけではなく、そのほかの支払でも利用することが可能です。様々な使い方ができる割安なカードで支払いができることは、最大のメリットと言えるでしょう。

iTunesカードで買える電子書籍は250万冊以上

オンライン書店と比べた場合に、扱っている書籍の数が少ないのではないかと思う人もいるかもしれません。確かにどんなにメリットがあったとしても、扱っている書籍の数が少なければ何の意味ももたなくなってしまいます。しかしiBookを利用した場合には、その書籍数は250万冊以上と非常に多いのが特徴です。

 

ジャンルも広く、売れ筋のベストセラーまでも取りそろえられているので、購入したいものがきっと見つかることでしょう。

購入した電子書籍は別の端末でも見れる

購入した電子書籍はiCloudに入れておくことによって、別の端末でもみることができます。自宅の本棚を増やす必要もないので置き場所に困ることもなくなるでしょう。

 

iCloudを利用することで貴重なパソコンや端末の容量が減ってしまうこともないので、お得に使うことができます。また扱っている書籍の数が多いので、一昔前の図書券のような感覚でギフトとして使うこと可能です。

 

例えば子供の入学祝いなどに贈るのもよいでしょう。近年では部屋が狭いからといって、本を保管するためにレンタル倉庫などを利用している人もみられますが、電子書籍を利用することによって、その使用料さえも節約することが可能になります。

ページの先頭へ戻る