iTunesカードで返金を行う方法はそもそも存在しているのか?

 

全国各地のコンビニなどで購入することができるiTunesカードですが、このカードはレジを通さなければ使えるようにはなりません。

 

カードの裏には番号が書かれていますが、レジを通すまでは、ただ記号が書いてあるだけの紙1枚ということになります。

 

そのため万が一コンビニでiTunesカードを万引きした場合でも、それを使おうと思っても使うことはできません。

 

レジを通したカードは一度使った場合には、ただの紙切れになってしまうため返品してもらうことはできなくなっています。

 

本人が使用していない状態だったとしても、一度店から持ち去ったカードは、だれも使っていないという証明をすることができません。

 

何らかの形で誰かが使ってしまった可能性もあることから、店側としては、何の価値もない紙きれに対して返金することはできなくなっています。

 

それでもどうしても返品してほしいというのであれば、Appleストアに問い合わせを行ってみましょう。

 

しかしどんなに返金を懇願したとしても、ほぼ不可能だと思っておいた方がよいでしょう。

iTunesカードが返金できない理由

 

1枚のiTunesカードが使える状態なのか、使えない状態なのかを確認する方法は、実際にカードに書かれているコードを入力することでしか確認が取れません。

 

これも返金できないという大きな理由の一つと言えるでしょう。

 

返金された価値のないカードを、万が一店員が店の棚に戻してしまった場合には、それを誰かが購入してしまう可能性があります。

 

このような事態もあり得ないことではないため、店側も返金できないことを徹底するべきだと言えるでしょう。

 

このような事態を避けるためにも、購入前の注意点は、特に高額な購入をする場合には、カードではなくコードを購入した方が安全と言えるでしょう。

 

カードが手元にあった方が安全であるというわけではないので注意が必要です。

 

カードはAppleの公式ホームページに記載があるとおりに、転売することはできません。

 

iTunesカードの特例!条件次第では返金可能

 

つまり、オークションや金券ショップ、リサイクルショップなどで販売されているカードは、使用済みである可能性が高いため、買わない方が安心です。

 

記号が書いてあるただの紙切れにお金を支払うことになってしまいます。

 

iTunesカードの返金は基本的にはできませんが、場合によっては交換できる可能性があります。

 

カードが交換できるケースとしては、公式のAppleストアで購入した場合です。

 

また交換できたとしても、製品受領後の十四日以内である必要があります。

 

iTunesカード購入の際は充分注意すること!

 

初期不良によってカードが使用できないというのであれば、新しいカードと交換してもらうことができるでしょう。

 

しかし返品されたカードが初期不良品でないと判断した場合には、標準的な製品保証が適用となります。

 

万が一顧客側から間違った説明がなされていた場合には、手数料として4万円が請求されることになります。

 

これは公式サイトにも記載がなされていることなので、返品する際には十分に注意しましょう。

 

また購入する際には、カードが使えない機種である可能性もあるため、間違えて購入することのないように事前に確認をしましょう。

ページの先頭へ戻る