iTunesカードを換金するにはまず買取りサイトを見つける

 

iTunesカードがあれば生活を豊かに楽しくすることができます。

 

使う予定のある方なら、持っていて損はないですし嬉しいですが、使う予定がなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

 

例えばandroidユーザーや、よく見ると残高があったというときや、商品としてもらったなどです。

 

こんな時には放っておくと価値はゼロ円ですが換金すれば使い道自由な現金にすることもできます。

 

しかし、iTunesカードが現金に変わるとは、どこでどうすればいいのか不思議に思うかもしれません。

 

ところが、面倒な手間なく自宅で好きな時間で換金できるので、全国どこからでも不要なiTunesカードをお金に変えることが可能です。

 

買取サイトがあるので、そこで申し込みをして手続きを済ませればいいだけです。

 

大まかな流れですが、まずは買取サイトを見つけましょう。

買取サイトで換金率高くiTunesカードを売る方法

 

多くのショップがありますが、できるだけ換金率が高い店を見つけましょう。

 

中でも値段に大きく関係してくるのが有効期限の残りと額面金額です。

 

有効期限が直前に迫っていては、次に買う人も避けてしまう傾向が大きいですから売りにくくなります。

 

さらに額面金額は高いほどスムーズにいきます。

 

やはり少額だと利用者も限られてしまいますので需要が低くなります。

 

ある程度使い道を限定しないことがポイントです。

 

使わないカードは早めに売ることが重要なのです。

 

買取サイトを決めたら売る申請をします。
この時の処理はネットでできる場合が殆どです。

 

iTunesカードを買取りサイトで売る方法と手順

 

まずはiTunesカードの固有の番号などの情報を送り見積もりをしてもらいましょう。

 

その結果の金額で満足なら、実際の買取に進みます。

 

自分の個人情報や振込先など必要事項を伝えます。

 

基本的にはiTunesカードのシリアル番号が商品ですので、実物を引き渡すことはないですからネット上で手続きは行われます。

 

しかし売買ですので、契約として個人情報などは必要です。

 

また、換金後のお金は銀行へ振り込むことが殆どなので、口座の情報も併せて伝えます。

 

すると、契約成立後に金額が振り込まれます。

 

早ければその日中、しかも数時間後などの買取店も多いです。

 

振り込みの手数料ももったいないですから、事前に確認しましょう。

 

iTunesカードを換金してもらう際に注意すること

 

手数料の差し引きの場合や、指定の金融機関なら無料というケースも多いです。

 

できるだけ手数料がかからないようにすれば、換金後の金額も満額に手にすることができます。

 

これだけでいいので非常に簡単で短時間で済んでしまいます。

 

ほしい方の需要は安定してあるので、買取も積極的に扱っていることが多いです。

 

それだけ買取サイトも多いですから比較して利便性と金額で無駄がないお店を選びましょう。

 

あとは早めに換金することと、買取を申し込んでから自分もスムーズに対応することが重要です。

 

少しでも無駄を省いて現金にするには、事前のリサーチでのメリットのある店選びをすることで手数料も時間も効率的にプラスにできます。

 

眠っているiTunesカードがないかチェックしてみましょう。

ページの先頭へ戻る