コンビニで売っているiTunesカードの種類

コンビニで売っているiTunesカードの種類としては大きく分けると2種類であり、一つは金額固定のタイプであり、もう一つはバリアブルタイプです。購入者にとって好みのタイプを選ぶことができますが、バリアブルタイプの方は自由に金額が設定をできるフリーな感じがかなり人気と言えます。

iTunesカードの金額固定タイプ

金額固定タイプのカードはその名の通り、金額が4つほど設定されていて、どれも最初から固定された形で販売をされたものです。内訳ですが4つというのは1,500円と3,000円、それから5,000円に10,000円ですから選びやすい金額設定になっています。本人が希望をする額面を指定してのカード入手ができますし、あらかじめ金額がそれだけに決められていますので、使い過ぎを防止するためにも良いです。

 

また固定金額での市販製品ということで、同じように電子書籍や音楽を頻繁に購入をする友人知人への、プレゼントにするにしても最適な利用ができます。

iTunesカードのバリアブルタイプ

もう一つ用意をされているのがバリアブルタイプのカードであり、金額がはじめから固定をされてはいません。数字として1,500円から50,000円までの間だったら、本人の好きに自由に金額設定ができますし、単位はなんと一円単位ですからかなり自由自在です。

 

バリアブルタイプのカードは会計レジへ自分で持っていき、金額は自分の指定したいだけレジを打つ店員に伝えればよいだけなので手間もありません。お店に固定金額のカードの在庫がなかったり、さらにカードでも10,000円以上のものが欲しい時なども、便利なのはやはりバリアブルタイプです。

コンビニで売っているiTunesカードは割引されていることもある

2つのタイプがあるので利用をしやすい方を入手できるので、それは購入者にとって嬉しいことと言えます。さらにもっと掘り下げておくと、せっかくですからiTunesカードをコンビニで安く買えないものかと考えるのも不思議ではありません。少しでもお得に入手ができる手段があるなら、頻繁に使うものだけに安く買えるにこしたことはありません。

iTunesカードはコンビニで不定期キャンペーンで割引販売している

バリアブルタイプのカード限定にはなりますがコンビニでは、不定期で安く買えるキャンペーンを行っていることがあります。いつやるかの開催は不定期ではあるものの、バリアブル限定不定期開催のキャンペーンを活用すると、額面の10%分を獲得する事ができたり、実質割引率は0.9%であったりとかなりお得です。様々なお店で開催をすることがあるので、翌億店舗の情報は日ごろからチェックをしておきます。

 

お得に安く手に入れたカードではありますが、ただ購入をしただけでは使うことはできません。なぜならが購入をしてから、今度は本人のAppleIDのクレジット残高へのチャージというステップが待っているためです。ですがこれはとても簡単なやり方であり、1回でも体験すると次からは迷うことなくスムーズに作業ができます。チャージを無事に済ませてから、好きな音楽や電子書籍などを手に入れられるので安心です。

ページの先頭へ戻る