iTunesカードの有効期限には充分注意しよう

 

みなさんは「iTunesカード」というものの存在をご存知ですか。

 

コンビニエンスストアなどでも販売されている存在ゆえに、多くの人が一度はその存在を目にしたことがあることでしょう。

 

そもそも「iTunesカード」は、前払い式のプリペイドカードのことです。

iTunesカードのギフト券を自分用に購入する価値はあるのか?

 

それゆえに、便利そうな「iTunesカード」に興味はあるもののその有効期限がいつまでかわからずその利用を躊躇してしまっている方も多いかもしれません。

 

せっかく購入した「iTunesカード」をチャージした金額を全部使わずにして無効になってしまうことほど、もったいないことはありません。

 

そのため、「iTunesカード」をお持ちの方はぜひそのルールがどのようになっているかを事前に把握しておくのが良いでしょう。

 

そんな「iTunesカード」に関しては、一般的なカードと違い有効期限が一切ありません。

 

つまり、その利用に際して有効期限を気にする必要は一切ないのです。

 

そのため、そのチャージを行えるギフト券の購入などで特典が付く場合などには自分用に購入する価値も十分あると言えるでしょう。

 

ただし、そのカード自体やギフトカードは永遠に使える便利な存在ではあるものの例外的な存在がある点には注意が必要です。

 

iTunesカードのコンテンツコードには有効期限がある

 

それは「コンテンツコード」というものです。
こちらについては有効期限があるのでその管理には注意が必要です。

 

なお、その注意が必要な存在である「コンテンツコード」というのは、コンテンツコードが記載されている書類を意味する言葉です。

 

そしてその多くがそのコードとともに期限が記載されている場合にはその期限内のみ有効なコードとなります。

 

コンテンツコードのチャージ上限は無限ではない

 

ただし、この「コンテンツコード」に関してもチャージを行ってしまえば無期限で使える通常の取り扱いと同じになります。

 

つまり、「コンテンツコード」を手に入れた際にはその存在を忘れてしまう前にさっさとチャージしてしまうのが良いでしょう。

 

一度チャージしてしまえば慌てて使い切る必要は一切ないので、使いたいと思うコンテンツが出てくるまで大切に使用していくことができます。

 

ただし、このように便利な存在であるギフトカードなどからのチャージ上限額は「50万円」となっている点には注意が必要です。

 

購入した国限定でしか利用できないiTunesカードも存在する

 

また、使える用途は限られていますが有効期限がなく所有者でなくともそのコードさえ分かってしまえばだれでも気軽に使えてしまう存在です。

 

そのような観点からみてもiTunesカードの取り扱いは、現金と同等という感覚でしっかりと管理することが重要です。

 

さらに、そのカードは購入した国でのみ利用できる仕様になっているという点にも注意が必要と言えます。

 

また、転売などは禁止されておりその利用規約も販売元の変更が行われれば通知なく変更される可能性がある点にも注意が必要です。

 

これら特徴をしっかりと理解したうえで上手に活用してください。

 

ぜひ参考にそのカードを上手に活用してより豊かで便利な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る